ファンデーションでカバーできない毛穴

20代になってから、鼻の毛穴が気になるようになりました。

 

ファンデーションを塗っていても、カバーしきれない点々が気になり出しました。

 

また、メイクを落とした時の小鼻の黒ずみが気になり出したのも20代前半頃からです。

 

鼻の側面が一番毛穴が目立つのですが、自分より隣りにいる友人や恋人から見られる場所なので、特に恋人からの視線が気になったのが、一番のきっかけでした。

 

特に夏場などは汗をかいて化粧が落ちてきてしまった時に、小鼻の毛穴が目立つ女性を見て、自分もそうなのかな?と気になるようになりました。

 

ファンデーションで念入りに抑えるようになったのが、この時期でしたが、根本の改善策については、20代後半から意識するようになりました。

試してみたのはスクラブ洗顔

20代後半になり、スキンケアにもっとお金をかけられるようになりました。

 

そこで以前より気になっていた鼻の毛穴と黒ずみについて、対策を取ろうと思い、ドラッグストアで角質を取るスクラブを購入してみました。

 

価格が安く試しやすかったのですが、角質がポロポロ取れてよかったです。

 

黒ずみが少し目立たなくなりました。

 

ですので、次にもう少し高価なスクラブ剤を化粧品専門店で購入してみたら、刺激も少なく、使用後、鼻周りがとても柔らかくなり、毛穴が引き締まりました。

 

それから週2回、使用していますが、黒ずみが解消され、毛穴も目立たなくなりました。

 

あまり強く擦らないことと、マッサージした後少し放置してから洗い流すとより効果が出ました。

 

スクラブ剤で角質を取ると指触りが違います。

小鼻の黒ずみがわからなくなりました

鼻周りの角質を取るようになって一番変わったのが小鼻の黒ずみの解消です。

 

洗顔では汚れが落とし切れていなかったんだと知りました。

 

以前は黒ずみが気になり、ファンデーションを厚塗りして毛穴と黒ずみを隠そうとしていたのですが、余計に目立ってしまったり、粉を吹いてしまったりしていたのですが、週2回角質を取るようになってからは、黒ずみと毛穴が目立たなくなったので、ファンデーションも薄くつけるだけになりました。

 

おかけで長時間化粧している時でも、そんなにファンデーションがヨレることがなくなり、化粧直しの時間が短縮されました。

 

また、スッピンの時の肌触りも明らかによくなりました。

 

スクラブ後は肌全体が柔らかくなり、指触りが全然違います。

 

スクラブ剤の後、毛穴引き締め効果のある化粧品を使用すると、より毛穴が引き締まり、効果的です。